2019年9月アーカイブ

SBIによる地銀連合構想でスルガ銀行が焦点になるとの記事が出ており、思惑買いで急伸しているようです。もともと秋口を目途にという報道がされていましたが、果たして今回のSBIのことなのでしょうか、スルガ銀行からはまだ何も出てきていないようです。

一方、日銀は18日、19日の金融政策決定会合で金融緩和の是非について議論するとのことですが、もし追加での金融緩和があるとすれば、金融機関への副作用への措置も気になるところかと思います。

ぼくはここ1年ほど定期預金のつもりで毎月スルガ銀行の株を買ってきたのですが、株価はずっとヨコヨコの状態を継続しています。

もうそろそろ3万円台では買えなくなってきたのかもしれませんが、日経平均株価が暴落した場合にはまだまだワンチャンあるのかもしれません。

はたして来週の日銀の追加緩和はあるのでしょうか、またあるとすれば、有効な副作用の緩和策を打ち出せるのでしょうか、このあたりに注目していきたいと思います。