株式

新たなオミクロン変異株の出現を受けて株価に影響が出ていますが、仮想通貨についても下落傾向にります。

もともとビットコインは下落傾向にありましたが、今回の変異株の影響で暴落する事態になりました。11月の約779万円から12月には約488万円と約38%程度下落する事態になっています。

現在は550万円程度へと少し持ち直していますが、チャートを見る限り、このまま下がり続けてもおかしくはありません。

今までのパターンとしまして、コロナの影響で給付金が支給され、市中にお金がジャブジャブになることで通貨の価値が下落し、相対的に仮想通貨へも資金の流入があったのだろうと感じています。

加えて、企業や国家による保有も価格上昇の要因になっていたものと思います。

しかしながら、今回の変異株の出現でテーパリングが撤回されるかと思いきや、現在のところ、まだ様子見といった感じのようです。

逆にいえば、利上げの意思の固さを感じるところとなり、方向性としては利上げで通貨の価値があがり、相対的に仮想通貨の価値は下がるとぼくは見ています。

まだ夢の続きを見たかった感もありますが、コロナ禍の金融緩和が次第に正常化されるに伴い、夢から覚める時がきたのかもしれません。ただ、ビットコインは既に市民権を得た感がありますので、10分の1になるような暴落はないと予想しています。

郵便受けをのぞいてみると、先日1円で上場廃止となったオンキョーからお手紙が来ていました。

黄泉の国へ旅立ったぼくのオンキョー株は、まだ生きているとのことで、とりあえずは安心しました。再上場はちょっと難しいのではないかなと感じていますが、頑張って欲しいと思います。

手紙の中には株主招集の通知のほか、株主コミュニティーを創設して株の売買ができるように移行する予定とのお知らせが入っていました。

これを上場廃止前に出しておけば、多少は株価が上がったものと思いますが、上場廃止後に出してきたことを考えると、何らかの思惑があるような気がしてなりません。

ただ、上場廃止の最終日でセリクラになったのでしょうし、株価が多少は上向いていくのではないかなと感じています。

一応、議案は全て否決で出しておきましたが、おそらくは可決されるものと思います。スマホからアクセスして簡単に送信することができます。株主コミュニティーに参加するかはまだ未定ですが、あえて参加せず、放置状態にしておくのもよいかもしれません。

今週末に上場廃止を迎えるオンキヨーですが、本日、遂に1円台に突入してしまったもようです。

時価総額は3億8千万円ほどとなっており、個人でも買えそうな金額になってきました。安く買いたい人にとってはこれ以上ない展開となりましたが、高値で保有している人にとっては残念な結果となってしまいました。

発行枚数が3億8千2百万株に対し、約1億4千万株が1円で並んでいますが、1円でも売れない状態になれば、もしかすると最終日あたりには1円で買える可能性もあります。

後は上場廃止後に紙屑になるのか、希薄化するのか、あるいは数年後に高値がつくことになるのかは分かりませんが、おおむね場外に持ち越されるといいように扱われて残念な結果になることが多いかもしれません。

いかにもオンキヨーらしさが出た株価となりましたが、あと数日間、最後まで走り抜いて欲しいと思います。

先日のオンキヨー株ですが、ついに2円台まで突入してしまったようです。

ここ最近のオンキヨー株はPTSが主戦場となっており、東証ではそれほど動きがなかったように感じています。

動きとしては、PTSで5.5円で売り、東証の寄りや引けで6円の買いを入れるようなマネーゲームになっていましたが、この場合、「5円」で約定すれば「0.5円」の儲け、6円で約定すれば「0.5円」の損になります。

寄り、前引、後寄、引けで1日4回戦ありますので、PTSで「.5円」で売れる状態なら2勝2敗でトントン、3勝1敗で利益が出ることになりますが、コンマ数円の違いでも非常に大きいものがあります。

おおむね、東証で1円高く買いを入れ、1円低く約定すれば、PTSで売りさばくといった感じのマネーゲームだったのかもしれません。ざっと勝敗表をながめてみますに、後場の寄りは勝率が高かったように感じています。

ただ、2円台に突入したので、ぼくはここで売買を終了しました。丁半のドキドキ感を十分に楽しめましたので、あとは放置しておこうと思います。

はたして、最終日の終値は1円で終了するのでしょうか、オンキヨー自体は再上場をめざすとのことですし、宝くじのように握っておこうと思います。

先日買ってみたオンキヨー株ですが、売却交渉が決まったようです。

売却額は約33億円とのことで、個人的な印象ではちょっと少ないと感じましたが、ある程度はぶなんな金額で落ち着いたのかもしれません。

各種の報道によると債務超過額が約23億円とのことで、もし赤字が膨らんでいなければ、単純に考えてギリギリでプラ転した可能性があります。資産に計上していた分と差し引きしても、わずかにプラスに転じたのかもしれません。

そもそもこの約33億円ですが、これはどこからやって来たのでしょうか?

老舗企業には、帳簿上からは見えないブランドという無形資産があると感じており、これが元でなかなか潰れない印象があります。いわゆるのれん代ってやつでしょうか、この部分は心の目で見ないと数字が見えてきません。

また、wikipediaによると、オンキヨーはかつて東芝グループだった時期もあるようで、どちらかというと東芝のような上級国民側の部類に属すると感じています。ネット上には「上級無罪」という格言があり、何だかんだと優遇されてしぶとく生き残っていく、そんな印象を感じております。

ただ、去年は名門「レナウン」が破産してしまいましたが、老舗だからといって潰れないわけでもないかと思います。

今回の売却でもまだ資金が足らないとのことで、悪材料が出尽くしたわけでもないと思いますが、あっけなく上場廃止となってしまうのでしょうか、今後も注目していきたいと思います。