世界経済と国際金融市場のゆくえ

依然として混迷を極める世界経済ですが、ドルや米国債の信用低下や日本経済の先行き不透明感によって正確な国際金融市場の動向がつかみにくくなってきております。
このような国際金融危機の懸念が払拭されない状況のなか、わたしたちはすばやい対応を常にせまられているわけですが、その際の根拠となる情報の有無によって、その結果には天と地の違いが出てくるものです。

世界経済のグローバル化がさけばれるなか、日本一国のことだけに関心をもつのではなく、各国の国際金融情勢がわが国に与える影響についても、タイムリーに把握しておく必要があります。
リーマン・ブラザーズのように、日本からみると地球の裏側にある一企業の破綻がわたしたちに多大な影響を及ぼすこともあるわけですので、自国の情勢のみならず、国際金融の情勢をきちんと把握しておくことが今後の重要な課題になってきます。
ローンを組むにしても、あるいは株式投資での取引をするにしても、世界経済の流れを正確に見極めることが重要なポイントとなります。

当サイトでは、主に、米国と中国、ヨーロッパ各国の国際金融の動向についてチェックしております。
FXなどの為替取引をする際にも大切なことですが、マクロ的な視点で今後の国際金融市場のゆくえ、ひいては世界経済の未来についても、当ブログで占っていこうと思います。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2011年8月17日 00:12に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「クリーンディーゼルエンジン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。