はじめての投資信託でいきなりマイナスのしうち

先月からちょっと投資信託でもかじってみようと思い、楽天のUSリート・トリプルエンジンというのを購入してみたんです。
これがどういった投資を意味するのがまったく知りもしりませんが、人気のようだしっていうことで、ふいんき的なもので手を出してみたんです。

投資信託ならそれほどリスクもないだろうと思ってたんですけど、いきなりマイナスになってしまったようです。
それでちょっと詳しく調べてみたんですが、どうもアメリカの経済状況に左右される銘柄のようで、わりあい分配利回りではいいみたいなんですけど、どうも微妙なふいんきのある感じがしています。

と、ここで気づいたんですが、このようにふいんき的なもので投資をしている人というのは案外多いのではないでしょうか。
やはり、投資する上での根拠といいますか、データ的なものがない状態で投資するのは、あれもよさげ、これもよさげといった感じで自分を見失う可能性があるなと感じました。

なので、次回からは、人の意見やランキング状況など、実態のデータによる裏づけのない状態で投資するのはやめようと思います。
もちろん、データを詳細に把握していたからといってうらめに出ることもあるかと思いますが、最低限、そいういった指標を確認するのは、株式投資のエチケットではないかなと、そういう気がするわけです。

いい勉強をさせてもらいました。



このブログ記事について

このページは、ピーターが2011年9月 3日 01:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国市場からの国際資本が撤退傾向」です。

次のブログ記事は「第42回東京モーターショーに向けて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。