ヘッジファンドの自動売買への対抗方法

アベノミクスのゆくえがあやぶまれていますが、こうボラティリティーが高いと短期的な投資方法では立ち行かなくなる可能性もあるかと思われます。長期的にみれば、本来の企業価値へと株価が収束していくわけですので、本来なら現物での長期取引をするのが一番いいわけですが、デイトレードをしている方にはやりずらい展開になってしまうかもしれません。

ただ、自動売買ゆえのクセのようなものがあるわけですので、この点をうまく利用すれば、ヘッジファンドへの対抗も可能になるものと思われます。

つまるところ、自動売買というのは日経平均株価や為替に連動しての売り買いになるわけですので、日経平均の先物取引に追従する形で取引されているケースが多いわけです。

モニターをふたつ用意して、大型株の銘柄の値動きと日経先物の値動きを観察してみますと、極めて連動性の高いものがあることが確認されるはずです。ただ、小型株などは連動していないケースも多く、これは主に、流動性の理由によるものと思われます。

ファンドや機関は比較的、取引量も大きくなるわけですので、買ったはいいが、それをさばくだけの流動性のない小型株ではリスクが高いわけです。

そのようなわけで、自動売買よりもはやくに大型の銘柄で株の取引きをすればよいわけですが、反応速度では機械にはかなわないものの、人間には予知する能力があるわけですので、この点で自動売買の一歩先を行って取引することが可能なわけです。

つまり、先物の板情報をみれば、上がりそうか下がりそうかは、ある程度は予測がつくわけですので、自動売買で注文が出される前にすばやく動くようにするとよいでしょう。

また、銘柄によって厚い板がある場合、そこで自動売買がワンテンポ止まってしまうケースもあります。日経先物が上昇していく場合、最終的には、その板も自動売買で買われることになるわけですが、機械がそこでてこづっている合間に注文を出せばいいわけです。

タイムラグとしては、おそらくほんの数秒程度のケースが多いわけですが、注文画面を常に起動しておき、ワンクリックすればよいだけの状態にしておけば、自動売買の先をいくことができます。自動売買には予測する力がないわけですので、この点で人間の方がはるかに有利といえるわけです。この方法を使えば、自動売買であとから買いが入ることはわかっていますので、むしろ、儲けやすいといえるかもしれません。

何とかしてファンドをぎゃふんと言わせてやりたいものですね。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2013年3月25日 00:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「税率の高い個人事業者は株式投資で資産形成しよう」です。

次のブログ記事は「中国バブル崩壊の可能性が浮き彫りに」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。