大引け買い、寄り天売り抜けのトレード方法

デイトレードの取引が流行している昨今、株の持越しリスクを回避するため、週末には手仕舞いをする人が多いように感じています。この持越しリスクというのは、金曜の取引終了後から土日にかけて予期せぬ突発的な出来事により株価が下落することを指していますが、この間にポジションを解除してニュートラルな状態にしておけば、リスクを抑えることができるわけです。

なので、金曜の取引の終了間際に株価が下落するというパターンがわりと多いのです。
これは祝日前とか、大型連休の前でも同様で、いずれにしても数日間程度の間に急激に株価が変動することのリスクを避けるために行うものです。

株を持っていなければ、ブラックマンデーが起きようと何の影響もないわけです。

ただ、これを逆手にとって、金曜の大引け間際に買うというのもありかと思われます。
翌週の月曜に株価が上がれば、それなりの利益が期待できるかもしれませんので、そういう方法もありでしょう。

もちろん、上昇局面では持ち越す人も多くなってくるわけですので、必ずしもこのパターンが当てはまるわけではありませんが、横ばいの場合やわりと為替や先物の変動が激しい状況では平日でも引け間際に手じまう人も多いです。

また、寄り天の状況がいつも続いている株の場合でも、大引け間際に購入して寄り天売り抜けを目指すのもありかと思われます。いずれにしても、状況判断が大切になりますが、デイトレをやる人が多くなってきた場合にはそういう方法も有効といえるでしょう。

傾向としましては、流動性の高い大型株において、値幅変動が激しい銘柄がチャンスかもしれません。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2013年3月29日 10:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘッジファンドには早めの利益確定で対抗」です。

次のブログ記事は「米国債務のデフォルト問題を憂う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。