米国債務のデフォルト問題を憂う

アメリカの債務上限引き上げ問題が取りざたされていますが、10月の中ごろまでに議会が上限の引き上げを承認しないとデフォルトになってしまう可能性があります。

ただ、これは暗黙の了解のような感じになっており、水戸黄門の印籠みたいに、「最後にはどうせいつものパターンで決着するんでしょ?」のような安心感があります。


また、日本とは違い、米国債務問題は徐々に改善の方向へ向かっているわけですし、ここでのデフォルトは考えにくいです。 ただ、ひょっとすると本当にデフォルトになったらどうすんの?ということを考えた場合、世界的な金融危機になることは間違いありません。実際に政府機関の1部が閉鎖されている事態が生じていますし、かなり根深い対立があるような印象があります。

個人的にうがった見方をすれば、オバマ大統領が黒人の大統領ということもあり、南部出身の議員たちが心理的に協力できない、妥協しずらい面がある気もしております。オバマさんもけっこう強気の発言をしているようで、頭では回避すべきとわかってはいるものの、どうしても妥協できないのかもしれません。

そもそも対立の原因ともなっているオバマケアですが、個人的には大反対ですが、これは致し方ない面もあるかと思いますので、そこまで反対するべきものでもないはずです。

私も今年は春に65万円の健康保険料を払いましたが、ここ数年、医療にかかったことはないので、何のために払っているんだろうという感覚があったりもします。65万円といえば、けっこうな金額です。毎月1万円のお小遣いでセコセコやりくりしているのに、毎月65,000円もの金額を使いもしない保険料で支払うのには理不尽さを感じています。

高額な健康保険料をねん出するために、日々、カップメンを食べながら節約しているわけで、これでは病気になってしまい、本末転倒です。ただ、日本で生活している以上、払わざるを得ないので払ってます。

そんなわけで、オバマケアに反対する気持ちもわかりますし、重要な問題なので対立していることはわかりますが、最終的にはオバマケアを成立させるしかないはずです。そうであるならば、無駄な対立などはしないで、そうそうにデフォルトを回避してもらいたいところです。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2013年10月 3日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大引け買い、寄り天売り抜けのトレード方法」です。

次のブログ記事は「年金の運用利回りは黒字傾向にあり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。