タカタ株が100円台の大台を突破

先日から注目しているタカタ株ですが、ついに100円の大台を突破してきたようです。

本日はストップ高になっておりますが、最終的にいくらまで上がっていくのでしょうか、目が離せない展開を迎えております。

上場廃止までには株価はひと段落するものと思いますが、1円の展開はさすがにないのではないかという気がしてきました。現在のところ、上場来安値は15円となっておりますが、これを割り込むこともないのではないかという気もしております。

スカイマークの時も2桁で終了しましたが、キモチ高めの株価で終了するのかもしれません。

ただ、ここだけの話ですが、実はぼく、この安値の15円を買ってはいたのです。

前場の引けに売り物があまり出ていなかったので、少ししか買えなかったのですが、もしかするとこれが上場来安値になるのかもしれません。

その後、16円~17円でもある程度を買ってはいたので、現在の100円までずっと持っていればという悔しい思いはあるものの、60%程度はとれたので十分に満足しております。やはり、株は安いうちに買って長期的に保有することが大切なのかもしれませんね。

タカタ株はぼくの手の届かないところへ行ってしまいましたが、次は東芝あたりでマネーゲームできないかなーと考えております。東芝は今月末あたりから面白い展開になるかもしれませんので、監視体制を強化していきたいと考えております。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2017年7月13日 18:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タカタがマネーゲーム突入か?」です。

次のブログ記事は「タカタは株価18円、時価総額14億9千万円で取引終了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。