株価が上がるか下がるか、ふたつに一つだ

株取引をしている方はファンダメンタルだの乖離曲線だの、詳細に比較・検討して投資判断をするわけです。
けれども、実際のところ、株価は上がるのと下がるのと、このふたひにひとつしかありません。
つまり、50%の確率で誰でも儲けてしまうことができる、それが株式投資なわけです。

また、購入した株価より上がるまで保持しておけば、誰でも100%儲けることができるわけです。
この点で、株取引はいたってシンプルな仕組みになっているわけです。

損をする可能性があるとすれば、高値でつかんだ株価が暴落し、何年かかっても、もう元の価格に戻る可能性がなくなってしまったと感じたときだけです。これ以上下がることが濃厚になってしまい、今のうちに手放さないと株が紙切れ同然となってしまうことが判明したとき、はじめて損失が確定することになるわけです。

なので、簡単にいえば、これから上がる株を買いさえすれば、誰でも儲かることができるわけですが、現在の相場環境からみますと、何を買っても中・長期的には上昇する可能性が高いですので、買わなければ損というふいんきになってきているわけです。
上昇相場で大きく投資すること、それが株式投資のアドバンテージとするなら、今、そのチャンスがすでに到来していると考えてよいでしょう。

このブログ記事について

このページは、ピーターが2011年11月26日 22:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今、そこにある投資チャンス」です。

次のブログ記事は「株価上昇は為替相場と連動する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。