株式

本日27日付けで上場廃止となったタカタ株ですが、結局、昨日の最終取引では終値18円にて終了となりました。

ぼくは最終取引の最後の引けは上げて終了するだろうと考えておりましたので、引けの前に購入して引けで成り売りする予定だったのですが、すっかり買うのを忘れておりました。

27日が上場廃止との報道でしたので、てっきり27日までは取引できると考えてたのですが、26日で株の売買は終了していたようです。ただ、結局は18円で下げて終わったため、もし買っていたら損をしていたところですが、同じように27日まで売買できると考えていた個人投資家も多い気がします。

時価総額でいうと1,497百万円、約15億円程度です。

今後の展開としましては、おそらくは100%減資になると考えておりますが、まだ詳しい決定はされていないようです。おそらくは、ほとぼりが冷めた頃に社名変更をしたのち、既存株主の株を無償で取り上げる旨の決議がされて終了というパターンが多い気がします。

今回のタカタのマネーゲームを反省してみますに、誤算は売るのが早すぎたという点につきます。せっかく18円以下の15、16、17円で買っていたのに、20円前半ですぐに売却してしまいました。

かなり集中していれば、おそらくは15倍程度まで増やすことができたのではないか、そう考えておりますが、次にマネーゲームが発生した際には上がる直前に購入してしばらくはホールドしておく予定です。

ただ、タカタは利益を出せる会社であるのに加え、創業家が大株主だったからこの時価総額で終わった面もあるかと思います。本当のボロ株の上場廃止にはこのパターンを当てはまらないと思いますが、次は東芝あたりでまたマネーゲームに参加してみたいと思います。

先日から注目しているタカタ株ですが、ついに100円の大台を突破してきたようです。

本日はストップ高になっておりますが、最終的にいくらまで上がっていくのでしょうか、目が離せない展開を迎えております。

上場廃止までには株価はひと段落するものと思いますが、1円の展開はさすがにないのではないかという気がしてきました。現在のところ、上場来安値は15円となっておりますが、これを割り込むこともないのではないかという気もしております。

スカイマークの時も2桁で終了しましたが、キモチ高めの株価で終了するのかもしれません。

ただ、ここだけの話ですが、実はぼく、この安値の15円を買ってはいたのです。

前場の引けに売り物があまり出ていなかったので、少ししか買えなかったのですが、もしかするとこれが上場来安値になるのかもしれません。

その後、16円~17円でもある程度を買ってはいたので、現在の100円までずっと持っていればという悔しい思いはあるものの、60%程度はとれたので十分に満足しております。やはり、株は安いうちに買って長期的に保有することが大切なのかもしれませんね。

タカタ株はぼくの手の届かないところへ行ってしまいましたが、次は東芝あたりでマネーゲームできないかなーと考えております。東芝は今月末あたりから面白い展開になるかもしれませんので、監視体制を強化していきたいと考えております。

以前から注目しておりました上場廃止のタカタ株ですが、本日7月7日にてマネーゲーム突入の運びとなりました。

スカイマークと同じ金曜日の後場、そしてほぼ同じ16円での突入となりましたが、一時、36円まで急騰しております。

このマネーゲームについてですが、創業家の持ち株はまだ出てきていないと感じておりましたので、突入になるかどうかは微妙と感じておりましたが、株価が高かった頃と比べれば、現在はあってないような株価かと思います。

これまでに何度も株を売却するチャンスがあったことを考えると、今さら売る気にはならないのかもしれません。我々庶民からみると数億円はかなりな金額ですが、最後まで見届ける覚悟なのではないかという気もしております。

ただ、100%減資の可能性が濃厚と感じておりますし、仮に100%減資を免れたとしても増資による膨大な希薄化は免れないと感じております。そもそも債務超過ですので、社長さんの言っていたように、「一般的に株式の価値はないものとして扱われる」というのが既定路線なのかもしれません。

このタカタ株の破たん処理の仕方に非常に興味がありますので、安くなったところを最終日に買ってみようと考えておりますが、1円での購入は難しそうな気がしてきました。

ちなみに、ぼくは本日前場引けの15円からインしまして、16円、17円と買い進み、21円と25円ですべて売ってしまったのですが、かなり早めの利益確定ではあったものの、買いのタイミング的にはドンピシャでした。

スカイマークと酷似しており、マネーゲームの参加者は同一なのではないかという気がしておりますが、もし同じようなパターンになる場合、しばらくは20円台をキープするような気もしております。

ただ、今から参加してもリスクが高いため、僕はもう触りませんが、最終日あたりにでもちょっとだけ恩株を持ってタカタ上場廃止の行く末を見届けたいと考えております。

【関連記事:】
タカタのマネーゲームは売買停止が誤算か?

民事再生法を申請したタカタですが、6月23日の金曜日にストップ高を付けた後、月曜日は売買停止となりました。

けれども、当初はストップ高になるかという状態でした。

その後、寄り付き前に民事再生法の申請がニュースで報道され、売買停止となったあとは次第に値を下げてきます。

最終的には一転してストップ安をつけ、翌日以降、大きく値を下げる展開となりました。

現在は32円程度まで値を下げており、マネーゲームの様相を呈してきましたが、買い方の誤算は売買停止になったことではないかと思われます。

おそらくは、寄り付き直後、タカタが民事再生を申請する前に買い玉を整理できると踏んでのストップ高だったかと思われますが、売買停止となれば成すすべがありません。

また、マネーゲームについては、以前のスカイマークの件がありますが、タカタについては過半数を握る株を創業家が握っています。スカイマークについても、民事再生法の申請以降、社長は株を手放す展開となりましたが、申請前までが勝負であったといえるでしょう。

今後、創業家の数千万株の株が降ってくる可能性を考えると、果たしてスカイマークのような展開になるのかに注目が集まっています。

当サイト運営者の印象では、創業家が株を処分しないかぎりマネーゲームははじまらないと考えておりますが、そのボリューム感を考えるとかなり時間は押す展開になる気がしています。出来高が激減してしまえば、大量の枚数を処理することができなくなってしまうため、急激に値を下げることなく、徐々に売りさばいていく展開になるのではないでしょうか。

創業家も含め、当然、スカイマークの事例が年頭にあるかと思いますが、枚数が約8,300万株とすると枚数にボリューム感が出てくる10円以下になるまではバケツリレーが展開される感じもしています。

けれども、誰もがそう考えるはずですので、意外にはやく始まる可能性もあり、一方ではまた何も起きずに終了してしまう可能性もあり、上場廃止までは目が離せない展開となってきました。

トランプ相場で上昇し続けていたドル円相場は、トランプ政権の先行不透明感が増してきたことにより、円高基調のトレンドが形成されつつあります。米国利上げ回数が想定内だったことに加え、オバマケア代替案への合意が得られなかったことにより、トランプ政権の実行力が疑問視されてきました。

これによりトランプ政権のご祝儀相場は終焉し、長期的な円高ドル安トレンドへ突入したとの見方が市場関係者の間で広まっている。

ニトリの社長さんによると、今年の秋・冬為替トレンドを95円~105円のレンジを想定しているようですが、ぼくの想定は90円~105円もありうると考えています。日米間の金利差があることで、さすがに80円台は予測しずらい状況ですが、米国への投資が引き上げられた場合、行き場を失った資金は日本へ向かい円高になる可能性が高いとみています。

一方で、これらの予測を吹き飛ばすような要因を安倍政権は抱えています。

当初、早期に収束するかと思われたアッキード事件が長期化する様相を呈してきており、昭恵夫人の証人喚問をしないと収まりがつかない状況となってきました。また、Kagoike氏の自信あふれる証言により、寄付が実際にあった可能性も現実味を帯びてきており、万一寄付があったとすれば、それは個人的にKagoike氏へ利益を供与したことを意味しています。

資力に乏しいKagoike氏が学園を設立するに至った点を考えると、何らかの不思議な力が働いていたことは明確ですので、個々の事象についてみればセーフだったとしても、全体としてみれば、アウトといえる状況になってきています。

今後の展開によっては、安倍政権が解散する可能性も帯びてきており、もし仮にアベノミクスが崩壊すれば、円高方向へ向かう可能性もあります。

いずれにしましても、アベノミクス以降継続してきた円安トレンドは終了し、今年は円高トレンドへと転換していくでしょう。